シンガポールで写真学校

e0319202_18143333.jpg

シンガポールには習い事がたくさんあります。
英会話や中国語もあれば、ヨガやピラティス・・・お料理教室などなど、探し出したら
キリがありません。

習い事が好きな方にとっては最高の環境!!
かくゆうわたしくも習い事大好きなので、さっそくリサーチ。
せっかく外国に来たのならば、今までと違う環境でチャレンジしてみようと思い
SOP(school of photography singapore)の門をたたきました。

写真学校を色々リサーチしたんですが、HPがキレイ!という単純な動機だけで決めた学校。
この選択は間違ってませんでした
SOP 最高です!!

私は超初級のコースを選んでいるのですが、クラスメイトは10人ほどで日本人は私だけ
その他は、イギリス人・マレーシア人・香港人・フランス人・シンガポーリアンといった
具合でとっても国際的。
年齢も20代〜50代と幅広くて、話しているだけで毎回発見があったり。

クラスは夜の座学と土曜日のアウトドアクラスがあって、写真の構え方とか一眼レフ初めての
方でも基本的なところから勉強できます。
先生もシンガポーリアンのAlanが優しくて、面白い。
ただ・・・すごく早口(汗)

初日の自己紹介で Alanが突然イルカを連発。
「ナントカカントカ ドルフィン」「ディス ドルフィン イズ ナントカカントカ」
どこかでイルカを撮った時の思い出ばなしなのか?アランはイルカが好きなのか?
もしくはイルカを撮るテクニックの話なのか・・・ふむふむ、それは確かにすごく難しそうだ。
どうにか、分る英語を頑張って聞きとろうにも、もうパニックです。

e0319202_1901115.png

そして続いて出てきたスライドでもイルカの話。
“えっ!全然イルカ写ってないし”と思っていたら・・・・

あれ・・もしかして・・
恥ずかしい〜〜途中でやっと気づきました。
イルカはphotographyの事だったんです。

フォトグラフィー →ォトフラフィー →ドラフィー →ドルフィン
多分こんな感じで進化したんだと思われます。たぶんです。たぶんですよっ。

自分でも、この英語力でよく入ったなーと思ってますが(笑)
とにもかくにもクラスメイトも優しくて、仲良くなれそうな予感なので
これからも楽しみ。

英語も写真もスキルアップがんばります

学校は、観光地でもおなじみのクラークキーにあります。
夕方は川辺からの景色が最高です。

e0319202_18271815.jpg

土曜日のアウトドアクラス
なんでもいいからクラークキーにあるものをいろんな角度から撮って、ちがう雰囲気の
写真をクリエイトするという授業

一番仲良しのマレーシアから来たShevonneが撮ってくれてました。
23歳のグラフィックデザイナー。日本のアニメがものすごく大好きで、漫画に
ものすごく詳しいです!!
そうそう、彼女とシンガポールのコミケ(?)にも最近行ったのでまたご報告しますね☆
[PR]
by minako-nakano | 2013-07-11 18:58 | photo