弾丸ニューヨークの旅

“しばらくの間、もう行くタイミングはないだろうなぁ”


そう思ったあの日から数ヶ月。
やってきました アメリカ!!

コーディネーターさん曰く、そう思っている方が引き寄せられたりするそうです。
ふむふむ(◍•ᴗ•◍)

今回はフランクフルト経由でニューヨーーーク
e0319202_23403818.jpg

カッコイイ!なんか全部がオシャレ。

キョロキョロしながら、向かった先はニューヨーク支局。
会社に10年いましたが、帯番組が長かったので遠方の海外出張もほとんどなく、退社してから初めて支局というところに足を踏み入れました。

そこで、久々の再会!
阿部知代さん♡全然変わってないーー。というかむしろパワーアップ!!!
ニューヨークでの生活が充実してるんですって♡ステキです。
e0319202_054889.jpg

めざましテレビ&とくダネ!時代にニューヨークからの中継を毎週見ていましたが、そのスタジオでパチリ。
e0319202_2359643.jpg

しかも窓からはマンハッタンの景色が。
完全に田舎モン。
写真撮りまくり( ✧Д✧) !!

そんな知代姉さまから、『せっかくニューヨーク来たならMOMA(ニューヨーク近代美術館)
の前に最近バカラのホテルが出来たからタクちゃんとお茶してきたら?』と。

タクちゃんというのは、元アナウンサーでニューヨーク歴5年の尊敬する同期。

このBaccarat hotelのBARがオシャレすぎてびっくり。
e0319202_014911.jpg

座っている全てのアメリカ人が『Gossip girl』の登場人物ですか!?ってくらいセレブ感漂ってます。

あたりまえだけど、シャンデリアもグラスも何もかもBaccarat
e0319202_016873.jpg

一度ホテルによって着替えてきて良かったー
ひゃー。やっぱりニューヨークは違いますなぁ。

初日からクラクラ(๑ˇεˇ๑)•*¨*•.¸¸♪

その後、お向かいのMOMAへ。
ちょうど、MOMAはオノヨーコ展も開催中だったので、こちらも見学!
e0319202_2322549.jpg

わたしは知らなかったんですけど、オノヨーコとジョンレノンが出会うきっかけになった『天井の絵(Ceiling Painting)』という展示も。
e0319202_23273182.png

 (人がいっぱいで上手く写真が撮れず、参考資料を拝借)

こちら作品。
写真のとおり、高さ2メートルほどの脚立とその上に天井からぶら下がった虫眼鏡があるだけ。

天井には何か文字が書かれていて、脚立を登って虫眼鏡で見ればわかるんですが・・・
1966年11月。ロンドンの個展でこれを見たジョンレノンは脚立を登ったのです。
そして、彼は小さな文字で書かれた“YES”という文字を見つけ、衝撃を受けたそうなんです。

後々ジョンレノンは
『もしそこに“No”とか“インチキ”みたいな意地の悪い言葉が書かれていたら、すぐに画廊を出て行ったよ。
でも“YES”だったから僕は「これはいけるぞ、心温まる気持ちにさせてくれる初めての美術展だ」と思ったよ。僕はそこに書かれていた“YES”という1文字に救われたんだ。』
と語ったそうです。

すべてのことを肯定する『YES』の文字。

そんな素敵なエピソード。
ニューヨークに来なければ知らないまま過ごしてました。


わたしもブーブー言ってないで、全てを包み込めるような器の大きな女性になりたいと思います。
ふんふん、鼻息荒く興奮してそのままMOMAのお土産ショップへ。

あっ・・・そういえば、ニューヨークに行くのならMOMAで何か絵を買ってきてって言われたのでした。
いやいや、絵っていってもいろんなジャンルあるし、そもそもどの大きさの買えばいいのよ!?
もう。

早速、数分後にブーブーいってるわたし(`ε´)

e0319202_1421585.jpg

それにしてもニューヨーク。
刺激的な街でした。
またいつか来られるといいな♡



さて、その後はといいますと・・・
わたしがイイ!と思って買った絵は今も飾られることなく、窓ぎわにポロンと横になって放置されてます。

ブーブー。
ブーブー。

まだまだ、全てを包み込むには時間がかかりそうです。
[PR]
by minako-nakano | 2015-07-13 10:20 | Travel