コロニアルホテルで贅沢なひと時を♡

シンガポールはF1で盛り上がっている週末、連休を利用してこられている方も多いのでは♪

シンガポールに来られたらぜひ、古き良き伝統あるコロニアルホテルに足を運んでみてください。
13日”空色のおくりもの”でもご紹介した『ザ・フラトンホテル・シンガポール』はF1会場にも近い歴史的建造物として名高いホテル。
もともとは中央郵便局だった場所をリノベーションしてホテルにしているのです。
e0319202_22273714.jpg
重厚感があるロビーと1階にあるカフェ”コートヤード”
こちらでは吹き抜けの天井から降り注ぐ優しい光の中で、アフタヌーンティーがいただけます。
e0319202_22384199.jpg
サンドイッチ系からスコーン・スイーツまで食べるのがもったいなくなるくらい可愛いです。
もちろん飲み物も食べ物もお代わりできます・・・・が、これだけでもかなりお腹いっぱいになるので「今日は食べるぞ!」というお腹具合で行くことをお勧めします。
去年ちょうどF1期間中に日本から来た友人と予約していきましたが、特別にこんなチョコもありましたよ。
e0319202_22452909.jpg
さすが、フラトンホテル!凝ってます。

そしてそして、シンガポールでコロニアルホテルといえばこちら。
e0319202_22470045.jpg
世界中のVIPから愛され続けている『ラッフルズホテル・シンガポール』
1887年の創設時からグランドホテルとして世界に名を馳せてきた名門ホテル。
e0319202_22463301.jpg
ラッフルズホテルは、宿泊のお客様、お食事の予約があるお客様しか中には入れないのですが、今回は特別に入らせていただきました。
白亜の美しさに一歩踏み入れただけでくらくら〜( ˘ ³˘)♥
e0319202_22494122.jpg
客室はすべてスイート。
その内、10室はパーソナルスイートと呼ばれる宿泊した著名人の名を冠したお部屋。
贅をつくした造りとなっているのです。
少し覗かせていただきましたが、ほんとにすごかった・・・素晴らしすぎて、観光せずにずっとお部屋にいたい気分に。

そしてラッフルズといえば忘れてはいけないのが・・・
e0319202_22593471.jpg
ラッフルズアーケードの2階にある『LONG BAR』
テーブルにあるピーナツの殻を床に捨てることで有名なこちらのバーは、夜深い時間になればなるほど、床が殻だらけに♪
e0319202_23023167.jpg
マレー半島の大農場をモチーフにデザインされたバーなんですよ。
大人の落ち着いた雰囲気にテンションがあがります♡

シンガポールスリングが生まれたことで有名なロングバーですが、今年は日本との外交樹立50周年を記念して獺祭とシンガポールスリングをアレンジした”サクラスリング”が登場!
e0319202_23072629.png
シンガポールスリングの甘みと獺祭のすっきりした喉越し、そこにサクラの香りがフワッと香るここでしか味わえない贅沢な味わい。

ぜひ、歴史あるホテルで思い出に残る味を堪能してみてくださいね♪



⭐︎ザ・フラトンホテル・シンガポール (日本語で予約できます)
住所:1 Fullerton Square, Singapore 049178
電話番号:+65 6877 8129

⭐︎cafe コートヤード
営業時間:毎日 8.30am ~12.00am (North Courtyard)
11.30am ~ 12.00am (South Courtyard)
アフタヌーンティー 月~金: 3.00pm ~ 6.00pm
土日祝: 1部 2.00pm~4.00pm、 2部 4.30pm ~ 6.00pm


⭐︎ラッフルズホテル・シンガポール(日本語で予約できます)
住所;1Beach Road、Singapore 189673

⭐︎Long Bar
日~木曜日:午前11時~深夜0時30分
金・土曜日:午前11時~深夜1時30分
電話 +65 6412 1816 (予約は受け付けていません)

⭐︎現在、シンガポール国内でジカウィルス感染症が発生しています。
詳しい情報は在シンガポール日本大使館のHPご参照ください


[PR]
by minako-nakano | 2016-09-17 23:29 | singapore