食の聖域『Restaurant Andre』についに足を踏み入れる。

e0319202_20482113.jpg
シンガポールで予約を取るのが一番難しいと言われている”アンドレ”
世界の美食家が憧れ通う、隠れ家フレンチレストランはNew York Times紙で『飛行機に乗ってでも訪れるべき世界のレストラン10』に選ばれた場所なのです。

そんな素晴らしいレストランにロケでお邪魔することができました(๑˃̵ᴗ˂̵)و
日本のテレビ局が取材に入るのは今回が初めてだそうです。

今年発表されたミシュランでも2つ星を獲得!!
シェフはレストランの名前にもなっているアンドレ・チャン氏
e0319202_21381114.jpg
お店の階段にもこちらのポスターがあります。
そして当日もアンドレ氏がキッチンでお料理を作ってくださいました。
e0319202_21413336.jpg
レストランは1日30人限定。
その日の食材を見てメニューが決め、一番美味しい調理をしてお客様に提供します。
e0319202_21525327.jpg
3階建のお店は、それぞれの階によってコンセプトが違いオシャレな雰囲気が漂ってます。
この日は撮影用に前菜とメインを作っていただきました。
前菜は”オイスター”メインは鳩を使った”ピジョン”
e0319202_17421387.jpg
”オイスター”をいただくことができましたが、最初口に入れると空気のように軽く爽やかな食感、しかし二口目にはオイスターのコクとしっかりした旨味が口いつぱいに広がります。
見た目はもちろん、想像もつなかいような味に思わず笑顔に♪
このまま時間が止まればいいのに・・・・と思ってしまいました。ふぅ(*´ω`*)
e0319202_18030616.jpg
コースをいただいたわけではないので多くを語ることはできませんが、予約を取るのに2ヶ月〜3ヶ月かかるというアンドレ。
お値段も決して安くはないです!
知人が結婚記念日で利用したそうですが、お二人で10万円ほど(dinnerコース)だったそうです∑(‘0‘@)
シャンパンがグラスで五千円くらいするので・・・シンガポール恐るべし。

それでも連日、世界中からアンドレ氏のお料理を求めて多くの方がやってくるのです。
シンガポールに住んでいてもきっと足を踏み入れることはないとおもっていたので、至福の時間を過ごすことができました。
ありがたいです〜〜。
e0319202_18430941.jpg
⭐︎Restaurant Andre
住所: 41 Bukit Pasoh Road, Singapore 089855
  • 電話番号: +65 6534 8880
    定休日 月曜日
このオリーブの木がアンドレの入り口への目印です。

[PR]
by minako-nakano | 2016-09-25 21:34 | restaurant